カワセはPTS夜間取引で利食い!共立印刷は寄り付き買い!

2019年3月29日スイングトレード

はいさいこんにちは(^ ^)/

当ブログ管理人のりょうです。

 

寄り付き前の相場環境チェック時、日経225先物は+140円、NYダウ30種は+91ドルとなっていて、日経平均株価は今日は無事に反発してくれる気配でした。

日経平均株価の終値は前日比172円05銭高の21,205.81円となりました。

このまま22,000円まで株価を戻してほしいですね。

7851カワセコンピュータサプライはPTS夜間取引で利食い!

前日夜の23時50分頃、ブログも書き終えて寝る前に少しiSPEEDを開いていたのですが、ふとPTSが今どうなってるのか気になって確認してみたんです。

するとPTSでも活発にトレードが行われており、一度795円(ストップ高)をつけた後に781円まで下がっていました。

私の予測した期待値は週足計算で737円、日足計算で778円だったので、その両方より高い値段で売れるなら売ってしまっても良いじゃないかと思ったのと、PTS取引を行ってみたかったのもあって、残り時間10分というところで夜間取引に参戦しました。

楽天証券では確か3月18日から夜間取引ができるようになったと思うのですが、JNXで売り注文を出すのも初めてですし、注文を0.1円単位で出せるというのも凄く新鮮でした。

私は最初、売り板で1番安い783円より0.1円安い782.9円で注文を出したのですが、そこから他のトレーダーさんと売りたい合戦みたいになり、相手より少し安い値段で売り注文を出しなおすという行動を何度か繰り返した後に778円で売り注文が約定しました。

夜間取引は営業時間内の取引とは違い、完全に個人の心理戦って感じでとても楽しかったです。

PTSを上手く活用できれば、いち早く株を買ったり売ったりできるので、トレーダーの注目が集まっている銘柄をトレードする時や、株価に影響のあるニュースが出たときなどは積極的に活用したほうが良さそうです。

 

625円で100株購入して778円で売却したので損益は+15,300円です。

三角もみあいからの上放れでエントリーして自分で計算して出した目標株価で売ることが出来たのでとても満足のいくトレードになりました。

朝一で再度買い戻して、また778円で上がったところで売ったら2重に利益を取れるんじゃないかとも考えたのですが、調べてみたところ、もし本日カワセコンピュータサプライを買い戻していたら差金決済取引により本日は売ることが出来なくなってしまってたみたいです。

 

ちなみに、カワセコンピュータサプライは本日ストップ高の795円で寄り付きました。

この時は「早く売りすぎてしまったかな」とか「ストップ高の新元号関連銘柄を売るなんて勿体なかったかな」なんて思っていたのですが、ここからまさかの展開でした。

カワセコンピュータサプライはその後すぐにストップ高から剥がれ落ちてなんとストップ安の595円まで急落しました。

終値はそれより1円だけ高い596円です。

私のトレードに関して言えば795円で売り抜けるのが最も利益が高かったわけですが、結果的に778円で売っておいたのは正解でした。

頭と尻尾はくれてやれと言いますが、もし欲張ってもっと値上がりするだろうと株をホールドしていたら大変なことになるところでした。

やっぱり変な欲は出さず、自分の戦略やルールに従ってトレードは行うべきだなと改めて実感しました。

共立印刷は寄り付き買いで高値掴み

236円をこえたら購入しようと監視を続けていた7838共立印刷ですが、8時20分時点で241円ぐらいで寄り付きそうな板になっていました。

8時半には247円で寄り付きそうな感じになっていたので、さすがにここで買うと高値掴みになるのではないかと悩んだのですが、結局寄り付きでエントリーすることにしました。

特別買い気配でスタートしたのですが、9時4分頃に245円で300株約定しました。

その後は251まで上がったのですが、そこから最悪のシナリオ通りに急降下。

あとになって冷静に考えると、私のトレード戦略だと逆指値を235円で出しておくべきだったのに、なぜか私は220円で逆指値を出していました。

株価は結局221円まで下がってしまい、ぎりぎりのところでロスカットにもかからないまま大引けとなり、私は大きな含み損を抱えたまま翌週・翌月に持ち越すことになってしまいました。

途中で逆指値にかかるまで保有しておくか、それとも成行で売ってしまうか迷ったのですが、結局そのまま保有することにしました。

理由としては、私が共立印刷の目標株価を285円に設定していることと、他に今すぐエントリーしたい銘柄がないからという理由です。

おそらく、この後の共立印刷はまた値動きが少なくなると思いますので、翌週他にエントリーしたい銘柄が見つかったらすぐに売ることになると思いますので、結局は損失の確定を先延ばしにしてしまっただけかもしれません。

今日で売っていたほうが4月からまた気分を一新してトレードを出来て良かったかもしれませんね。

 

今週・今月のトレードはこれで終了なので、また別記事で今月のトレードの報告や検証・解析を行いたいと思います。

本日の監視銘柄

本日、監視銘柄を入れ替えました。

監視銘柄は以下の通りです。

  • 7838 共立印刷
  • 4350 メディカルシステムネットワーク
  • 3765 ガンホー
  • 4657 環境管理センター
  • 6879 IMAGICAGROUP

4350メディカルシステムネットワークと3765ガンホーは日足のボリンジャーバンドで見ると+2σと+1σの間で推移していて現在+1σ付近なので、来週から+2σに向かって反発するかもしれません。

逆に+1σを割り込むと移動平均線まで下がってしまいそうなので、どっちに動くか見極めながらエントリーを考えようと思います。

 

6879IMAGICAGROUPは米企業の増資引受け・株式取得を決定と発表したことで注目を集めている銘柄です。

このニュースでどれ程の影響があるのかは私にはわかりませんが、上手く波に乗ることが出来れば大きな利益を得ることが出来そうです。

ただ、週明けの寄り付きであまりにも高く寄り付いてしまうと私の資金力をこえてしまって購入が出来なくなるかもしれません。

 

4657環境管理センターはチャートが三角持ち合いを上放れしたように見えることと、移動平均線が収斂した後に短期線・中期線・長期線の順に並び、且つ上向いているので、近々急騰がありそうな気がします。

週明けの優先順位としてはIMAGICAGROUPに飛び乗れそうなら乗る〉環境管理センターが急騰しそうであればエントリーする〉どっちも出来なそうであればメディカルシステムネットワークとガンホーの押し目をコツコツ狙う〉それも出来なそうであれば共立印刷を逆指値にかかるまで保有といった感じですかね。

トレード詳細まとめ

売却銘柄

7851カワセコンピュータサプライ
【3/28購入】=625円×100株⇒【3/29売却】=778円×100株
損益+15,300円

 

7838共立印刷
【3/29購入】=245円×300株⇒【3/29終値】=223円

 

本日の確定損益:+15,300円

今月スタート時からの損益:+22,772円

現在の総資産:72,772円

Posted by りょう