プロフィール

2019年3月24日

管理人りょうプロフィール

株投資初心者のトレードブログ管理人りょう

沖縄生まれ沖縄育ちの兼業トレーダーです。

年収200万円代のどこにでもいる普通のサラリーマンです。

年齢は30代で、結婚し、妻と子供と猫に囲まれのほほんと生活しています。

結婚を機に「家族のためにお金を稼ごう」と考えるようになったのですが、私は昔から金銭欲や物欲が全くなく、お金は生活に不安がない程度にあれば良いものであり、正直、お金よりも自分のやりたい時にやりたいことをできる「時間」のほうが大切だと考えるタイプの人間です。

なので、頑張って出世をするとか、仕事を掛け持ちするとか、脱サラして事業を始めるとか、そういうのは何か違うなと思いました。

そこで株トレードを始めようと思ったわけです。

株トレードならゲーム感覚で楽しみながらお金を増やせそうだし、経済や世の中のことを勉強することも出来てメリットが沢山あるかなと。

もちろん、そんな簡単に利益をだせるとは思っていませんが、楽しむことって凄く大切だと思うんですよね。

「好きこそ物の上手なれ」と言いますし、スマホゲームなんかよりかは株トレードのほうがよっぽどエキサイティングで楽しそうだなと。

 

そんなこんなで2017年10月から20万円を元手に株トレードを始めたのですが、半年程経ったところで、諸事情によりまとまったお金が必要になり、泣く泣く投資資金を全額おろすことに・・・

そのあと1年ほど金銭面で色々と辛抱の時期が続いたのですが、2019年3月、とりあえず5万円貯めることが出来たので、株トレードを再開しました。

なので、投資経験は1年半ということになりますが、実際には半年程の経験値しかありません。

 

すったもんだがありましたが、とりあえず無事に株トレードを再開することが出来たので、ここからコツコツと頑張って行きたいと思います。

トレード環境について

ここで、私のトレード環境もご紹介しておこうと思います。

と言っても、億トレーダーのイメージでよく思い浮かべられるような、専用ルームに何台ものモニターを設置しているとかそんな感じではないですけど。(笑)

ごくごく初歩的なトレード環境ですので、これから株トレードを始めようと考えている方の参考にでもなれば幸いです。

証券会社と取引ツール

証券会社は楽天証券を利用しています。

証券会社はSBI証券と楽天証券で迷ったのですが、SBI証券はMacBook専用のツールがないということで、MacBookProユーザーの私は楽天証券にしました。

MacBookではMARKETSPEED、iPhoneではiSPEEDと共に楽天証券のツールを使用しています。

 

MacBookは主に取引時間外に、iPhoneは取引時間内に使用ことが多いです。

私は基本的に取引時間外に銘柄の選定や売買ポイントの考察を行い、ニュース・財務・業績などを確認したりするのですが、それらは専らMacBookで行っています。

 

平日の昼間は基本的に仕事のためMacBookを使用することができないので、取引時間内はiPhoneを使用することがほとんどです。

なので、注文はほとんどiPhoneで行っています。

前日に予め銘柄選定や売買ポイントを決めてあるので、注文は1分もあれば出すことが出来ます。

指値・逆指値やアラート機能を利用すれば株価の値動きを監視しなくても取引は可能です。



また、楽天証券と一緒に楽天銀行の口座も開設したので、コンビニATMでいつでも入出金ができ、手数料もかからないのでとても便利です。



以上が私のトレーディング環境です。

専用ルームもなければデスクトップPCもないですし、MacBookはあったほうが良いけど、なくてもiPhoneだけでもしっかりトレードを行うことは出来ます。

証券口座を開設し、コンビニATMで入金すればすぐにスマホでトレードが行えるので、株取引を始めるまでの敷居は凄く低いと思います。



ちなみに、前述したように、私の初期投入資金は5万円です。

5万円でも購入できる銘柄は沢山ありますし、むしろ、5万円で購入できる範囲でも銘柄を選定するのが大変なぐらいです。

私はトレード回数を重ねて経験を積みながらながら、投資資金は少しずつ(月1万円ずつぐらいとか)追加していこうと考えています。

利益目標について

株トレードを行うに当たって、私が最も大切だと考えているものが「利益目標」です。

私の経験上、ただ漠然とトレードを繰り返していても資産はなかなか増えていかないと感じています。

株トレードでは、よく「損切りが重要」「メンタルが重要」などと言われます。

それについては私も凄く共感していますし、日々実感しているのですが、現実には損切りが上手くいかず、「自分ってメンタル弱いな」と思うことが多くあります。

「なぜ頭ではわかっていながら損切りが出来ないのか?」

ずっと考えて出した1つの答えが「利益目標を明確にしていないから」でした。

明確な目標がないから上手く利食いが出来なかったり、いつまで経っても損切りが出来ないのだと。

この考え方が全てのトレーダーに当てはまるかはわかりませんが、少なくとも私の場合は利益目標をしっかりと決めた時から少しずつトレードが安定し始めました(*このブログを始める前の話です)。

 

ということで、ここでしっかりと1年間の利益目標、月間の利益目標をそれぞれ明確にしておこうと思います。

月間の利益目標

私の月間利益目標は月初めの総資金の10%です。

50000でスタートした月は5000円の利益を目指すということです(*それ以上は目指さないというわけではありません)。

当然、月毎に目標金額が変わってくるので、これは毎月月初めにしっかりと算出し、目標が達成できたかどうかもしっかりと検証・解析していきます。

 

月間利益目標を達成するためには、損失をなるべく小さくして利益は大きくとっていく以外にないと思っています。

具体的な、株価が自分の予想通りに動いた場合は大きな利益を狙いますが、思った以上に株価が上がらなかったり、逆に下がってしまった場合には無理せずに利食い、もしくは損切りを行っていくということです。

これさえ徹底できれば月間では必ずプラス収支にできると考えています。

年間の利益目標

年間の利益目標も算出していきます。

これを計算している時が私の1番の至福の時間です(笑)。

 

上から順にスタート時の資金、1ヶ月後の資金、2ヶ月後の資金と計算していき、最後の金額が1年後の利益目標です(*100円未満切り捨て)。

  1. 50,000
  2. 55,000
  3. 60.500
  4. 66,500
  5. 73,100
  6. 80,400
  7. 88,400
  8. 97,200
  9. 106,900
  10. 117,590
  11. 129,300
  12. 142,200
  13. 156,400

ということで、1年間の利益目標は約200%ということになります。

日々の目標、月間目標を達成していければ1年後には資金が3倍になっているという計算です。

これはあくまで取らぬ狸の皮算用ですが、こうやって資金が増えていくというイメージをしっかり持つことって凄く大事だと思うんですよねきっと。

 

私はこれにプラスして毎月少しずつ資金を追加投入していく予定なので、もしかしたらもっと大きな金額になっているかもしれませんし、追加資金の分だけが資金として増えていくかもしれませんし、資金を追加していってもなぜか総資金は減っていってしまうかもしれませんが、それはお楽しみということで。

投資スタイルやマイルール等について

最後に私の投資スタイルやマイルール等についても書いておこうと思います。

 

先に書いておきますが、私はネット上によくあるようないわゆる「必勝法」的な手法は持ち合わせていませんし、当ブログはそういう「必勝法」のを伝授するようなブログでもなければ、そういう類の情報商材を紹介するようなブログではありませんので、その点はご理解いただければと思います。

 

まず、スタート時の資金が5万円なので、必然的に信用取り引きは行えませんので空売りは出来ず、現物買いのみとなります。

いずれは信用取り引きを行いたいと考えてはいますが、それはまだしばらく先の話だと思います。

 

トレード期間についてはデイトレード(1日で購入から決済までを行う)、もしくは短期間のスイングトレードがほとんどになると思います。

尚、ここでいうデイトレードは、何回も細かく利鞘を取りに行くいわゆる「スキャルピング」とは別物です。

決済をその日のうちに行わなかった場合(翌日に持ち越した場合)はスイングトレードということになりますが、スイングトレードになった場合でも基本的には2〜3営業日、どんなに長くても5営業日くらいで決済しようと考えています。

理由としては、なるべくその日値上がりしそうな銘柄を値上がりしそうなタイミングで購入したいからです。

もちろん、翌日以降に値上がりすると考えて持ち越すこともありますが、予想に反して値上がりしなかったり、値動きがないのにいつまでもだらだらと持ち続けるのは塩漬けと変わらないので、そういう時は多少含み損になっていたとしても売ると決めています。

 

順張りや逆張りについてはどっちもやります。

私は逆張りが大好きなのですが、私は逆張りを仕掛ける条件を厳しめに設定しているので、なかなか条件にヒットする銘柄が出てこないんですよね。

なので基本は順張りで、逆張りできそうな銘柄が出てきたら逆張りするといった感じです。

 

エントリーポイントはブレイクアウトだったり押し目だったり、その時の状況によって変わりますが、基本的にはブレイクアウトが多い気がします。

ブレイクアウトで入る場合は買いも売りも逆指値を利用することが多いですが、その場合、売りの逆指値はブレイクアウトする度、それに合わせて引き上げるというスタイルをとっています。

 

利食いや損切りに関しては私は基本的に「何%」といった決め方はしていません。

購入する前に必ず、私は利食いポイントと損切りポイントを考えていますが、それらは色んな方法で算出しています。

 

とまぁ、投資スタイルやマイルールに関しては大体こんな感じですかね。

そのほかにも何か出てきたら、その都度追記していきたいと思います。

 

Posted by りょう